ホームページ作りの基礎を学ぶ!賢い書籍の選び方

古い本よりも新しい本を選んだ方がいい理由

ホームページをこれから作ろうという場合、書籍を参考にするという方法があります。では、どういった点に注目して本を選べばいいのでしょうか。
まず大事なのは、いつ本が出版されたのかという点です。ホームページは20年以上前から作られており、その頃に出されたホームページ制作に関する参考本も存在します。しかし、あまりにも古い本の場合、扱っているHTMLとCSSのバージョンがまったく違い、ホームページ制作の常識も違っているので、ほとんど参考になりません。なので、できるだけ最近出版された本から探すようにしましょう。
次に、特定のツールを用いてホームページを作るのか、それとも、HTMLとCSSを一から書いて作るのかを決めて、本を探すようにしましょう。

ツールを使って作るかHTMLとCSSを一から作って作るか

特定のツールとはどういったものかというと、たとえば、CMSやブログ、あるいはパソコンにインストールするホームページ制作ソフトなどです。もし、Aという名前のCMSでホームページを作るつもりでいるのに、Bというツールで作ることを前提にした本を買ってもまったく参考になりません。CMSはプログラムによってシステムがまったく違うからです。また、自分でHTMLとCSSを書いて作るつもりであれば、ツールの利用が前提になっている本を買っても、やはり参考にはなりません。基本的に、ツールの参考本にはHTMLとCSSの書き方はそれほど記載されていないからです。
もし、ツールを使うか、それとも使わないか決めていないということであれば、とりあえずHTMLとCSSのことがわかる本を買っておくと、最終的にツールを使ってホームページを作る場合でも本の知識を活かすことができます。

HP作成を満足のゆくまで行いたい時には、注目度の高いコンテンツを上手く配置したり、経験豊かな技術者に依頼したりすることが有効です。